人妻との関係は、総じて不倫に該当します。ちょっとした買い物一つであっても、常に周囲を警戒して下さい。人目は、意外なところに潜んでいます。
デートのリスクを限りなく軽減したい場合は、人妻側の都合が鍵になります。狙うのは、人妻の夫が遠方へ外出するタイミングです。

夫を物理的に遠ざけるメリット

1.(夫が)泊まりの予定であれば、人妻は夫が帰宅するまでフリーになります。いつもと異なり、予定より帰宅が遅れても問題はありません。そのため、より濃密なデートを楽しめます。
2.人妻が精神的に安定します。夫の目に触れることは絶対にないという安心感からか、普段よりも大胆になるケースも多いです。
3.上記2による積極性が、肉体面にも現れます。普段は行為を渋る人妻であっても、このタイミングばかりは別です。その様子はまるで、手綱から解放された暴れ馬。圧されてしまわないよう気を付けましょう。
デートする側が県外へ出向くなどして、物理的に距離を空けることも有効です。しかし出向く分には良くとも、帰り際に問題が発生します。
渋滞に巻き込まれたせいで帰宅時間が遅れ、夫のほうが先に帰宅。理由もなく、それも着飾って外出していた妻に様々な疑いが掛かる・・・という、最悪の結末も予想されます。
こちらが遠出をする場合は、この点にくれぐれもご注意ください。

人妻の人気ポイント

AVの一大ジャンルとしてはもちろん、出会い系サイトでも大人気の『人妻』。私たちは何故、こうも彼女らに魅力を感じるのか。今回は、このポイントを簡潔にまとめてみました。

程良く熟している

青くもなく、熟れ過ぎてもいない。女性としての絶妙なタイミングが人妻といえるのではないでしょうか。若さ故の騒々しさはなく、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出す。また(色々な意味で)肉体的に成熟しており、独身女性にはない“旨味”があります。

一歩引くことを知っている

円満な家庭を築くためには、夫を立てることが大切です。その積み重ねがあり、彼女らは“適切な距離感”を保つことに長けます。時には一歩引き、男性を立てる・・・つまるところ、こちらを“良い男”として扱ってくれるわけです。奉仕ばかりを求める独身女性が相手では、絶対に得られません。

背徳感の存在

人妻と関係を持つことは不倫であり、許されざることです。しかし、この“他人の女にお手つきする”行為に興奮を覚える人は多いです。

割切って交流できる

人妻は家庭を捨てたいわけではなく、一時の息抜きとして不倫を楽しんでいます。本気の恋をしたいわけでも、こちらと結ばれたいわけでもありません。会った時だけ楽しませてくれれば良いと考えているため、不要に干渉してきません。

人妻の大半は疲弊状態にある

人妻という職業は、労働内容の割に報われないことが多いです。
何に対しても無神経な夫に、反抗期から暴力的に接する子供。さらには要介護の両親が・・・という家庭も、珍しくありません。どれだけ家族に尽くしても、それを当たり前とする家族からは感謝の言葉なし。家庭の外に逃避する彼女らを、誰も責めることは出来ません。
人妻と交流を深めたいなら、これらの点から攻めていきましょう。難しいことはありません。ただ話を聞き、相槌を打つだけでも、彼女らは幾分か救われます。
アドバイスをする必要はありません。それは彼女らの家庭に干渉する行為であるため、感謝されるどころか、距離を置かれる可能性があります。
また話を聞くと同時に、境遇に理解を示すことが大切です。
出会いを求めながらも、彼女らは葛藤しています。『女としての自分に戻りたいし、それを取り戻したい。けれど家庭を捨てたいわけではない』という罪悪感に、心を苛まれているのです。
しかし罪悪感を共有してくれる相手であれば、人妻の心は救われます。女に戻してくれるだけでなく、安らかな休息を取らせてくれる相手だと知ってもらえれば、一方的に関係を切られることはまずありません。末永く、楽しめるでしょう。
逆に、手放したい人妻に対しては、冷たくあたると手間がありません。嫌いな相手と過ごしたがる人はいないので、向こうから距離を置いてくれます。

安全第一なら日中デートが基本

人妻との交流はすべて、家庭の事情に左右されます。
育児(または介護)をしている場合は、殆ど都合が付きません。また、それらの仕事はなくとも、外出は困難なケースも多々あります。さらに、都合はつくものの、夫への罪悪感・恐怖から、あと一歩を踏み出せずにいるケースもあります。
何にせよデートをする場合は、日中がもっとも安全です。

なぜ日中デートは安全か

1.夫も含め、家族の殆どが留守にする時間帯であり、人妻の行動が目に触れません。周囲に対しても、時間帯ゆえに“女子会”や“母親の集まり”といった言い訳が通るため、不倫の隠ぺいが容易です。
2.各所に人が集まる時間のため、個々が目立ちにくい時間帯です。相応の格好をして出かければ“取引相手との食事”をはじめ、仕事上の付き合いとしてカモフラージュできます。
3.帰宅時間がずれ込む危険性がありません。夕方〜夜間に掛けてのデートは交通機関の都合に左右されやすく、アクシデントに繋がります。しかし日中であれば、この心配はほぼありません。
4.昼休みを利用することで、こちらの都合と安全を確保できます。しかし親しい同僚がいる場合は、行動の頻度を抑えましょう。こうした何気ないところから、不倫は露見するものです。

家庭に束縛される人妻はストレスフル

出会い系サイトをはじめ、インターネット上で出会いを求めている人妻は、その大半が家庭に拘束されています。育児や介護といった物理的な理由はもちろん、様々な理由から精神的に拘束されている人妻も少なくありません。
このような状況に置かれた時、人妻は独身時代に想いを馳せます。その結果『何もかも自由で、女としていられた当時に戻りたい』と願い、それを出会い系サイトに託すのです。
ここに、人妻と交流を深めるポイントが隠されています。つまるところ彼女らは、自分を解放してくれると同時に、境遇に理解を示してくれる相手を求めているのです。
交流する切っ掛けを得られたら、当分は聞き手に徹しましょう。どういった問題を抱えているのかリサーチする意味もありますが、まずは“話し相手”としてキープしてもらう(接点を確実にする)ことが大切です。
そうして信用を得ていったなら、タイミングを図ってデートに誘ってみましょう。断わられた場合は、無理に迫らずに引きます。目先の利益に囚われず、長期的な利益=信用を重視して下さい。
信用さえ維持出来れば、時間は掛かっても必ずデートに繋がります。如何なる時も焦らず、余裕をみせましょう。常に自分を優先してくれる紳士的な男性に、人妻は弱いのです。

攻略の鍵は真摯な対応

出会い系サイトをはじめ、インターネットを介した出会いはメール交流が中心になります。
10代〜20代であれば、稚拙な文章も「若さ故」と誤魔化しが効きます。誤字があろうが、絵文字だらけだろうが、人妻らは微笑ましく見守ってくれます。
しかし20代以降は、男の品格を下げるだけです。不真面目な印象を与えるため、一句一節を真摯に綴りましょう。
人妻との関係はもれなく不倫に該当するため、相手選びの際は“真面目さ”が重視されます。一夜の関係だとしても、それは変わりありません。

人妻の好みは真摯な男性

口が堅く、真面目であること。こちらの私生活に興味を示さず、一切の関心を示さないこと。これが、不倫相手の最低条件です。
真面目な印象を与えるためには、メール・チャット・ブログほかツールを問わず、しっかりとした文面が求められます。しかし正しい日本語が必要というわけではなく、真摯な態度が伝われば問題ありません。
文頭は挨拶ではじめ、本気の想いを綴り、もう一度挨拶をして締める。絵文字は適所に留め、乱用しない。返信は遅くとも30分以内、それ以上掛かる場合はその旨のみ連絡。このルールを守れば、まず間違いありません。
場の空気を読める様になれば、成功率は一気に上昇します。基本的に、女性は“誘い受け”の態度です。ほぼ100%成功する“タイミング”が存在するので、探していきましょう。

豊富なテーマオプション

豊富なテーマオプションのイメージ

この項目はテーマカスタマイザーからは設定出来ません。

いくつかのデザインが利用できます。

いくつかのデザインが利用できます。のイメージ

ビズベクトルはカラーだけではなく全く違ったデザインに切り替える事ができます。

Optimized for business web sites

Optimized for business web sitesのイメージ

Various indispensable business features as child page templates or enquiry capture are included.

Blog

人妻はインターネットで探す

人妻と出会いたいのであれば、インターネットを活用しましょう。 出会い系サイトはもちろん、流行のスマホゲームのフォーラム(またはゲーム内の掲示板・メール機能)や、一般的なSNSも活用できます。基本的に、人妻がいそうな場所で …

人妻の魔性は中毒性が高い

人妻は魔性の存在といわれます。夫と生活し、男性の良い部分も、汚い部分も知っている彼女らは、肉体・心理どちらの扱いも巧みです。 人妻が醸し出す魔性の雰囲気は、男という存在を熟知している証ともいえます。また女性特有の感受性・ …

PAGETOP